FC2ブログ

ヘスティア杯 かまどの交遊録

徳島でモンコレ、FEサイファのイベントを開催中! 初めての方もお気軽に(^^)/
TOP  デック紹介 ≫ No.6 フォクシアの奇跡「ムラクモヴィクセン」(ブロック3) @ヘスティア杯GM

No.6 フォクシアの奇跡「ムラクモヴィクセン」(ブロック3) @ヘスティア杯GM

こんにちは、まっさん@ヘスティア杯GMです。

今回の主役は「妖貴妃ヴィクセン」&「黒狐ムラクモ」。
2人の和服美人を使ったデックを紹介しますね。


和服美人が2人並んで戦う


忍者や巫女が主体だった従来のフォクシアと異なり、
まず何よりもビジュアル面が豪華です。

この素晴らしいビジュアルと共に、強烈な突破力で突き進む。
そんなフォクシアの新境地を開拓していきますね。

2人の和服美人を並べてビジュアルを楽しむだけのデックではありません。
十分に戦えるので安心してくださいね。



孤高の妖貴妃ヴィクセン


フォクシアといえば、イナリや大竜巻でテクニカルに先攻を取って戦う型が一般的。
妖貴妃デックから基本スタイルはずっと同じですが、

看板であるはずの「妖貴妃ヴィクセン」だけは
何故か全く運用が異なってしまう。


構築済みの頃からそれがずっと引っかかっていました。

ヴィクセンが登場すると戦力の大半をつぎ込んで戦うことになるので、
中堅ユニットがその戦いについてこれなくなるのです。
必要なカードも他のメンバーと異なるため、デック構築もちぐはぐになりがち。

良くも悪くもオンリーワンなのが、ヴィクセンの悩ましい所だったのですね。


はみ出し者に奇跡を見る


ヴィクセン中心のデックに、同じレベルで戦える攻め手が欲しい。
そんな時に「アポカリプスの魔剣」で待ちに待った相方が登場します。

それが、もう1人の主役である「黒狐ムラクモ」。
実はフォクシアの中でヴィクセンに次いで高い戦闘力を秘めていますが、

従来のフォクシアデックでは能力を発揮できないため、
うまく馴染むことができません。


魔剣デックに混ぜるデザインになっていますが、

肝心の魔剣を装備できない
妖狐の秘伝魔法もデックに入れにくい


という欠点があり、魔剣勢力にも歓迎されません。
どちらかといえばガトーの方が引っ張りだこです。


フォクシアの中でも異端で、仲間に恵まれないムラクモ。
フォクシアの中で1人だけ突き抜けているヴィクセン。

この二人が手を結んだ時、
フォクシアの奇跡を見たのです。

実戦レベルに作り込むのが難しかったムラクモとヴィクセンですが、
まさか二人同時に活路が見えるとは思っていませんでした。


フォクシアデックの新境地


一般的なフォクシアを構成する優秀な中堅ユニットをあえて採用せず、

高い突破力を持つヴィクセンとムラクモに特化したデックです。

ムラクモの代償となる魔剣と、その使い手が入っているため、
ぱっとレシピを見ただけでは魔剣デックのように見えるかもしれません。

魔剣ではなくフォクシアデックとして見ることで、
デックの真価をお分かり頂けると思います。



・ヴィクセン電車道を改良したい方

・ムラクモを主役に据えてみたい方

・従来のフォクシアに物足りなさを感じている方

・少し変わったフォクシアデックを試したい方

・和服美人で戦いたい方



上記のような方には特にお勧めなので、
是非お試し頂きたいです。


No.6 フォクシアの奇跡「ムラクモヴィクセン」(ブロック3)

◆ユニット23
フォクシアの呪印師 ×3
スケルトン・フェンサー ×3


白霧の海賊王ガトー ×2
アヌビスの暗黒騎士 ×3
オシリスの近衛騎士 ×2
ベルヴィオンの剣豪 ×1
フォクシアの妖刀忍軍 ×3
黒狐ムラクモ ×3
妖貴妃ヴィクセン ×3


◆戦闘スペル14
ウツセミ ×3
ブラッド・クロス ×3
フィアー ×2
ダークネス・イリュージョン ×3
ホクサイ ×3


◆アイテム10
冥剣ブラックファントム ×10

◆地形3
百億の昼と千億の夜 ×3


◇妖貴妃ヴィクセン+ベルヴィオンの剣豪(ブラックファントム×2装備)+百億の昼と千億の夜
デックの主役となるヴィクセンパーティの例。
「百億の昼と千億の夜」のおかげで、風魔の大稲妻と同じように手札を補充しながら戦えます。
「九尾の解放」使用後も手札を残したまま戦えるのは非常に重要なのです。

ベルヴィオンの剣豪がLv4/8/8、イニシアチブ+1と、
変身後のヴィクセンに近い戦闘力を持つのも強み。
特に防御の高さが素晴らしいですよね。
前衛ユニットが純正フォクシアにはない攻防力なので、
ヴィクセンも安心して戦うことができます。


◇妖貴妃ヴィクセン+オシリスの近衛騎士(ブラックファントム装備)+百億の昼と千億の夜
こちらのヴィクセンパーティも有効。
戦闘時には「九尾の解放」で手札を消費していくので、
「混沌の波動」を強化する手札3枚以下の条件を超簡単に満たすことができます。

先攻時には「金輪眼」から対抗連鎖をスタートできるので更に良い感じ。
手札の少なさを特殊能力で補うことができるため、戦闘力はなかなかのものです。

ヴィクセンの真価は「スペル:風魔*」とイニシアチブ+2、
そして特殊能力の「金輪眼」にあります。
Lv4/9/9という超パワーはもちろん魅力ですが、
ガトーや剣豪が魔剣を2本装備すれば近いものを得られます。

それでも重い代償を払い続けるのは、
彼らには出来ないことをヴィクセンがやってくれるから。
特に「金輪眼」が魔剣勢力の弱点をうまく補ってくれるのです。

・宣言型能力なので打ち消されても攻撃できる
・対象の防御アップやダメージ対抗に対してはウツセミで対応できる
・魔剣デックの苦手な大型ユニットに対して強い

◇黒狐ムラクモ+アヌビスの暗黒騎士(ブラックファントム装備)
もう一人の主役であるムラクモパーティの例。
ムラクモの真価は、スペル枠3つと自動型能力にあり。
「一度パーティを組んでしまえば、デメリットも代償もなく妖狐に変身できる」
シンプルながらも、これが非常に便利なのです。

「妖刀の舞い」によるパワーアップのおかげで、
フォクシアの苦手な細かいダメージで倒されないのも強み。
即時不可ユニットなので、フォクシアデックの悩みのタネであった
「各種1枠スペルで簡単に対処される」ということもありません。

それ故、ムラクモの撃つホクサイは見た目以上に強力。
「妖刀の舞い」でフォローしながらこのスペルを通していくスタイルが良いです。

◇フォクシアの妖刀忍軍
ムラクモと同じく、代償やデメリット無しで妖狐に変身できるのが便利。
特にフォクシアデックのコンボ要素に頭を悩ませてきた方には、是非試して頂きたい。
攻撃力が1少ないとか、般若の面が不気味とか、そういうことは気にならなくなります。

◇アヌビスの暗黒騎士
Lv4の即時召喚可で、ブラックファントムを装備できる唯一のユニット。
ベルヴィオンの魔剣士を即時召喚しにくいこのデックにおいては、
ムラクモやヴィクセンの前衛として欠かせない存在。
先攻時にチャージ付き6点で攻撃できるのも密かな強みです。

◇百億の昼と千億の夜
ムラクモヴィクセンのキーカード。
この地形があるおかげで、ヴィクセンが真価を発揮できます。
できればガトー、剣豪、スケルトン・フェンサー2体のいずれかとパーティを組み、
カードを2枚引けるようにしておきたいですね。

Comment

デック調整しました
編集
今週末にデック調整を行いました。

まずは、オシリスの近衛騎士を3枚に変更。
ヴィクセンで戦う際は、ヴィクセン+近衛騎士のパーティが非常に強いです。
「百億の昼と千億の夜」を引かず手札補充ができない時でも戦える為、頼りになります。

スケルトン・フェンサーを外して、牙印師を投入。
ヴィクセンが変身しやすい構成にしました。

スペルでは、ウツセミを減らしてシャラク2枚を投入。
ウツセミ、ホクサイ、金輪眼を同時に使うことは難しいため、
魔枠からパワーUPができるだけでもかなり動きやすくなります。
攻撃力を上げることができるのも強みですね。
2013年06月30日(Sun) 21:12
PS:
編集
ムラクモヴィクセンの他に、あと3個デックを調整中です。

「ヘスティア杯ブログには、あまりへんちくりんな物を載せたくない」

という信念があるので、
3つとも調整が完了して紹介できる状態になるかは分かりませんが、
タイクーン環境に移行するまでに全てお見せできるように頑張りますね。
2013年06月30日(Sun) 21:34
編集
このデックを参考にさせていただいてるんですけど、全く勝てません。
何かコツみたいなものは有るんでしょうか

たとえば載ってるテンパイパーティができるまで手札調整で全部捨てるみたいな
2013年07月15日(Mon) 01:11
パーティ編成と手札調整のコツ
編集
コメントありがとうございます、ヘスティア杯GMです。
パーティ編成と手札調整のコツを紹介しますね(^^)/


パーティを組む時は、可能な限り
「フォクシア+アイテム枠ユニット+魔剣」
の組み合わせで戦闘をする必要があります。

序盤は上記の組み合わせを作ることを目指していきます。
全然揃わない時は、大幅に手札調整しても構いません。

記事の例にはありませんが、
「妖刀忍軍+ガトー+魔剣」「妖刀忍軍+近衛騎士+魔剣」
といったパーティでもOKです。

ここで初めてスペルを撃てる状態になるので、
初めに作ったパーティで戦いながら、
ムラクモやヴィクセンを探すためにカードを引いていきます。


本命パーティを揃えた後は、
ムラクモとヴィクセンのうち、
相手を攻めている方に絞って手札調整を行います。


ムラクモとヴィクセンは
戦闘に必要なカードが微妙に異なるので、

ヴィクセンがアタック中なら
1.変身の代償となるフォクシア
2.戦闘スペル

ムラクモパーティの場合は
1.戦闘スペル
2.魔剣

の優先順位で手札を集めます。

ヴィクセンは秘伝スペルを使う為に毎回変身するので
ムラクモよりも運用が難しいところなのですが、

手札と捨て山を見て、フォクシアがデックに何枚残っているかを
こまめに確認しておきます。
1回の戦闘でフォクシアを1枚ずつ消費していくのが望ましいので、

・フォクシア1、不要カード2、戦闘スペル3
・フォクシア2、不要カード2、戦闘スペル2

という手札を維持できればベストですね。


ちなみにデックを改良するなら、

・ヴィクセン変身の代償が厳しいようでしたら
牙印師等のフォクシアを増やす

・戦闘での対抗数が足りないと感じるようでしたら、
スペルを1~3枚くらい増量するか、
剣豪やフェンサー、暗黒騎士を減らして
「ベルヴィオンの黒騎士」に代えてみる

という感じで良いと思います(^^)/
2013年07月15日(Mon) 21:54
編集
わざわざありがとうございます、
フォクシア増やすのはレベル2のほうがいいんでしょうか
あと、口寄よりも牙印にしたのはマルチ枠よりもイニシアチブとチャージのほうがいいということなんでしょうか
2013年07月16日(Tue) 23:37
追加のフォクシアはお好みで大丈夫
編集
こんばんは、ヘスティア杯GMです。

追加するフォクシアのレベルは2、4どちらでも大丈夫です。
ご自身のスタイルに合ったものを選んで頂ければ良いのですが、
レベル2を召喚するのは10リミット地形で戦うときが殆どなので、

・本陣戦を有利にするならレベル2
・パーティ編成や繋ぎの戦闘を楽にするならレベル4

で選んでいきます。
追加するレベルを決めた後は、

・最優先は妖狐の秘伝魔法を使えること
・次点でイニシアチブと攻撃力

を基準に採用すると戦いやすいです。

レベル2で妖狐スペルが使えるのは呪印師のみなので、
↑の基準でいくなら追加のレベル2は牙印師を選ぶことになります。
このデックの唇寄師は*枠よりも特殊能力が有効なので、
本陣戦でヴィクセンの金輪眼を強化するために入れても良いですね。

レベル4で選ぶなら、
未行動で妖狐になれる英雄イヅナ、イナリ、チハヤか、
スペル枠が優秀な夜襲忍軍になると思います。
(イナリは一度行動完了になりますが、対抗不可で未行動になれるのでOK)

チハヤを選ぶ場合は火枠が余りますが、
ヤマアラシがデックの弱点を補ってくれるので、
併せて入れておくと良いですね。
2013年07月18日(Thu) 23:10












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

まつ毛メイクのPoint