ヘスティア杯 かまどの交遊録

徳島でモンコレ、FEサイファのイベントを開催中! 初めての方もお気軽に(^^)/
TOP  デック紹介 ≫ かまどを開けて三千里 No.2変身ヘスティア(オープン) @ヘスティア杯GM

かまどを開けて三千里 No.2変身ヘスティア(オープン) @ヘスティア杯GM

こんばんは、まっさん@ヘスティア杯GMです。

ヘスティアの世直しの旅を追うシリーズ「かまどを開けて三千里」
ここでは、手持ちのヘスティアデックを紹介していきます。

早いもので、新弾発売まであと1ヵ月を切りましたね。
ブログの更新は1ヵ月空きましたが、ヘスティア杯メンバーは週末に毎回集まって調整会を開き、
モンコレの練習をしています。
(調整会という名のゲーム大会になることもありましたが)

新弾発売までに、「サザンの聖角獣」環境で使用しているデックを順番に紹介していきますね。


ヘスティアを使っていると、何だかんだでかまどの当たり外れに運命を託す場面も多いわけで、
「ここ一番でかまどを3回くらい一気に開けたい」と思うときもあるのです。

今回紹介するのは、そんな望みをかなえてくれる素敵デック。

似たような能力の雷神トールは一気に5枚までめくれる上にダメージまで付いてくるのだから、
ヘスティアもかまどを連続で開けたって良いじゃないか!



連続かまどの鍵となるユニットは「朱狐イナリ」です。
イナリの「忍法狐憑き」は自軍を対抗不可で未行動にできる素晴らしい特殊能力。
この能力とヘスティアを組み合わせて、

「手札の続く限りかまどにチャレンジできる」

という状態を作り出します。

ブリガンヘスティアに引き続き、ビジュアル面に差し支えのないユニットのみで構成しています。
ビジュアル&実用性を兼ね備えたデックを作る。
記事を読んでいる貴方にも是非試して頂ければと思います。
これぞオープン戦の醍醐味ですよね。

早速見ていきましょう。

No.2 変身ヘスティア(オープン)

◆ユニット23
フォクシアの奇襲忍軍 ×3
フォクシアの夜襲忍軍 ×3
白狐イヅナ ×2
朱狐イナリ ×3

フォクシアの風魔忍軍 ×3

竈の女神ヘスティア ×3
焔火の女神ブリガンディーネ ×2

夢魔の王妃リリス ×1
夢魔の美姫リリム ×3


◆戦闘スペル18
ファラオ・ブランデッド ×3
フラッシュ・ファイア ×2
フィジカル・ブースト ×2

ポリモルフ ×3
ドリーム・ローション ×2
シャドウ・バインド ×2
ホクサイ ×2
アビス・ディメンジョン ×2


◆アイテム3
灼熱のクレイモア ×2
破滅のマドゥ ×1


◆地形6
琥珀のピラミッド ×3
風魔の大竜巻 ×3



竈の女神ヘスティア+朱狐イナリ
イナリのイニシアチブ+3で先攻を取り、ポリモルフと「忍法狐憑き」を使うことで、
3回くらい連続してかまどを開けることができます。

かまどのヒット率は大抵30~40%なので、3回開ければ1回当たるという感覚で大丈夫。
まずは1度開けてみて、外れたら普通タイミングでポリモルフを使用し、ヘスティアを妖狐に変化。
1回目がヒットして対抗連鎖がスタートした場合は、ファラオ・ブランデッドと組み合わせて
ポリモルフを攻撃に使うこともできます。

夢魔の王妃リリス+朱狐イナリ+破滅のマドゥ
イナリを攻撃的に用いる組合せ。
封印の札や行動完了効果ではリリスを止めることが出来なくなります。

イナリのイニシアチブ+3で先攻を取りやすくなるのも嬉しいところ。

ちなみに上記のパーティを無理に狙う必要はなく、「運よく手札に来た時は思い切り活躍してもらう」
というくらいの気持ちでOK。
攻撃の主役となるリリス、リリム、ブリガンディーネを使っていくことで
変身コンボに頼らなくても十分戦えるのでご安心ください。

「アポカリプスの魔剣」で「スペル:火」を持つフォクシアが何枚か紹介されており、
火魔で構築されているこのデックとの相性が良いので楽しみです。
新弾発売に併せて構築を強化していきたいですね。

焔火の女神ブリガンディーネ
飛行アタッカーとして、フォクシア軍団の届かない地形をガンガン攻撃していきます。
灼熱のクレイモアとの相性が抜群で、スペルで戦いつつ「焦がれる焔火」の2連打を行えるのが強烈。

ファラオ・ブランデッド
ピラミッド上で使って良し。ポリモルフと組み合わせて良し。
とにかく条件さえ満たせば、ブリガンディーネやクレイモアの「スペル:火」から超強力な対抗が使えます。
ポリモルフを攻撃に用いる為のカードなので、よりスマートに構築するなら滅びの粉塵で代用してもOK。

ドリーム・ローション
ポリモルフと組み合わせることで、緊急時にはヘスティアやイナリで使うことも可能。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

まつ毛メイクのPoint