FC2ブログ

ヘスティア杯 かまどの交遊録

徳島でモンコレ、FEサイファのイベントを開催中! 初めての方もお気軽に(^^)/
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年02月
ARCHIVE ≫ 2013年02月

No.6 ヴィクセン電車道(ブロック3)+使い方の解説 @ヘスティア杯GM

こんにちは、まっさん@ヘスティア杯GMです。
今回は「妖貴妃」を使ったネオスタンダード用のデックを紹介しますね。

もちろん主役は「妖貴妃ヴィクセン」

ちなみに、ヴィクセンのイラスト担当はGレギュ版ヘスティアと同じ柴乃櫂人氏。
ヘスティアとはレベルも能力も噛み合っており、オープン用デックも並行して調整中なのですが、
残念ながらGレギュ版ヘスティアと一緒に戦うことはできないのです。



妖貴妃は、2つの戦術が混在しているデックです。
1.テクニカルに先攻を取って戦う型
2.ヴィクセンの戦闘力で突破する型


ヴィクセンがアタックし始めると、戦力の大半をその戦闘につぎ込むことになります。
スペルが必要なのはもちろん、特殊能力の代償にユニットを破棄するため、後続のユニットも出しにくい。
歩行移動なので進軍の融通も利きません。
戦闘に必要な地形も、変化コンボの鍵となる大竜巻ではなく大稲妻です。

そのため、妖貴妃デックをそのまま使っていると
「ヴィクセンが登場すると、プレイングが全く別物になってしまう」

という違和感を感じるわけですね。


大きな対価を払う代わりに、ゲームを決めるだけの絶大な力を得ることができる。
ヴィクセンを主役として3枚投入し、そのパワーで突き進むか。「出たらラッキー」と1~2枚に留めておくか。
これによりデックの戦術が大きく変わってくるのです。


今回召喚するのは、ヴィクセンを3枚投入して中央突破するタイプ。
妖貴妃ヴィクセンのパワーを活用する構成になっています。
早速見ていきましょう。


No.6 ヴィクセン電車道(ブロック3)

◆ユニット25
ドリームテイル ×2
ツインテイル ×2

ブラックテイル ×3
フォクシアの呪印師 ×3
フォクシアの牙印師 ×3
白狐イヅナ ×3


フォクシアの風魔忍軍 ×3
妖貴妃ヴィクセン ×3

シックステイル ×3

◆戦闘スペル20
カマイタチ ×2
ヴォーテックス ×3
スタン・ガスト ×3

シャラク ×3
ライデン ×2
マインド・デストラクション ×2
ダークネス・イリュージョン ×2
ホクサイ ×3


◆地形5
風魔の大稲妻 ×3
風魔の大竜巻 ×2



妖貴妃ヴィクセン+ブラックテイル+フォクシアの牙印師+風魔の大稲妻
デックの主役となるヴィクセンパーティの例。
まずはヴィクセン+大稲妻で自軍本陣前を固めることを目指します。
注意する点は、複数ある自動型能力のうち「風魔の大稲妻」を必ず最初に解決すること。

これにより、「九尾の解放」使用後も手札を残したまま戦うことができます。

・無理は禁物!
手札が強力な場合や「風魔の大稲妻」を持っている場合は、そのままヴィクセンで敵軍を攻めてOKです。
相手を攻め落とすのが難しい場合は、ヴィクセンを待機させることも重要。
主に次の2パターンで手札を回転させていきます。

・ヴィクセン以外のユニットで前に進軍
妖貴妃デックで大切なテクニック。
手札が整っていない場合はヴィクセンを残して戦闘を仕掛け、相手の戦力を削っていきます。
上記の例だと、ブラックテイル+牙印師のみで進軍し、イヅナを即時召喚するという感じですね。
2枚投入している大竜巻は、この段階で使用してもOKです。

・妖狐(○○テイル)のユニットで左右から進軍
デックの強さを影から支えてくれる妖狐の飛行移動。
ヴィクセンパーティを自軍本陣前に待機させ、妖狐で相手本陣斜め前へ進むだけでも効果があります。
盤面にユニットを展開しながらカードを引き、手札が整うのを待ちます。

↑の戦術と組み合わせて、削り戦闘を仕掛けつつ妖狐が前に出るのも良いですね。
ヴィクセンが中央、シックステイルが左右どちらかのラインを攻めている盤面が理想。
即時召喚でパーティを揃えられるため、レベル2の妖狐を迂回させるだけでも選択肢が広がります。

・如何にして相手本陣を攻めるか?
相手本陣前にヴィクセン+大稲妻でリーチできたら、次は本陣戦のために手札調整。
本陣戦では大稲妻のフォローを受けられないため、大抵は手札6枚を全て使うことになります。
リミット10を全て埋める必要はなく、手札に「九尾の解放」の代償と戦闘スペル2~3枚があればOK。
可能ならシャラクを1枚手札に持っておきたいです。

盤面のユニットが不足している場合は、左右から進軍してきた妖狐と合流しても良いです。

盤面が有利な場合は、例によって削り戦闘やユニットの展開を行いながら機会をうかがう。
数少ないチャンスが到来している場合は、大幅に手札調整を行って必要なカードを揃える。

という感じですね。

白狐イヅナ
余りがちな風枠を持ちますが、実はヴォーテックスとの相性が◎。
銀輪眼とヴォーテックスを使い、小型ユニットを確実に倒していけます。
対金剛神では、モンブランキラーとして大活躍しますよ。

フォクシアの牙印師
単独でイニシアチブ+3を得られるのが強力。
夜襲忍軍や奇襲忍軍と異なり、牙印師自身がレベル2とコンパクトなのが利点です。
無理に未行動コンボを狙わなくても、他の仲間で攻撃すればOK。

シャラク
ヴィクセンで戦闘する場合、可能な限り持っておきたいスペル。
1回防御を上げるだけで、安全度がグッと高まります。

金輪眼は攻防一体の能力なので、身を守りながら殲滅力を上げることも可能。

ダークネス・イリュージョン
ネオスタンダードで組む利点の1つは、このスペルを使えるようになること。
もちろん強力な効果ですが、魔枠が足りなくなる場合が多いため、2枚のみの採用です。

風魔の大稲妻
ヴィクセン電車道のキーカード。
月光の護法陣と比べて、次の利点があります。

・引いたターンにすぐ効果を発揮できる
・ヴィクセンで支配していると、相手が嫌がって攻めてこない
・相手の地形(主に護法陣)を張り替えることで、自軍だけが得をする


弱点は、他の勢力を混ぜると使いにくいこと、本陣戦で使えないこと。
今回は外していますが、月光の護法陣と併用することで手札回しが更に安定します。

スポンサーサイト



まつ毛メイクのPoint